イベント・お教室のお知らせ



+++カルチャープラザ平塚店 (ららぽーと湘南平塚3階)+++
カリグラフィーの講座を担当いたします。
2016年11月からの第二・四 金曜日
 14:15~16:15
 

+++第21回相模大野アートクラフト春の市2017+++
日時:2017年4月23日(日)
    11時~17時  予備日なし!
場所:相模大野駅から伊勢丹、ボーノ周辺の広い一帯
   今回はデッキ会場・146番「くまぺん」で参加です
交通:小田急線相模大野駅下車すぐ
HP :http://sagamiono-artfesta.com/index.html

最近の記事

category*日々のアレコレ

よいお年を

trackback--  comment0
大晦日ですね~今年はいかがでしたか?
ということで恒例のうすい的重大ニュースを
箇条書きで振り返ってみたいと思います。
興味がない方はこちらでさようなら~
よいおとしを。



...Open more

関連記事
category ツール&グッズ?

お役立ちバック

trackback--  comment0
151229_1035~01

先日、装飾クラスの前に時間があってふらっと立ち寄った
300円ショップで買ったお役立ちアイテム。
お店で見たときは「B4、A3も余裕じゃなーい、コレ。300円だし買ってこ」
程度のノリでしたが、思ったよりデカイ・・・。
タグを見ると48×69センチ!ひょえーデカいわけだ。

151229_1036~01

銀座の写字室に出展していた作品とあともう一つ違うトコに出展した作品2つを
装飾クラスの後に引き取ったのですが、
このバック、買った数時間後に早くも大活躍。
二つとも大きさも厚みがある額なんですが、余裕で入った(*^_^*)
家に帰って一番大きな額(50×65センチ)を入れてみたら
ピッチピチですが、入りましたよ。

イラストも絵具やスケッチブック等カワイイ。
確か野菜の絵柄もあったような~でも、カリグラファーならコッチよね。
持ち手も長いのと短いものが付いているので持ちやすいです。
3COINSの藤沢店で購入しました。ここは駅ビルの小さ目の店舗なのです。
こんな小さなトコにあるんだから、大きい他店舗ならだいたいあるんじゃないかな。
新製品のようですし、お近くの店舗で探してみて。




関連記事
category 宝塚

観劇納め

trackback--  comment0

今日は今年最後の観劇でした。観劇納めってやつですね。
と言ってもこの前と同じ花組さんでしたが。

写真は隣のシャンテで開催中の衣装展に飾ってあった衣装です。
1789のマリーアントワネットのドレスとして飾ってありましたが、
どうせならチラシのピンクとブルーのドレスが見たかった。
ルパン三世のドレスも町歩きドレスじゃなくって、
マッダレーナの白いドレスだろうが!ちょっとチョイスが謎。

それからクリエの窓口で東宝エリザのCDを確保(^_^)v
やっぱり欲しい気持ちは消えなかったよ。
観劇のついでに寄っただけなのに、受付のお姉さんは
「お寒い中、ありがとうございます。」と一言添えてた。
こうゆう気遣いっていいなぁ。殿様商売の隣の劇場とはエライ違いだわね。

ショー休演してた桜咲さんが復帰してた。
ロビーの立看板がそのままだったから、
休演のままかと思って観てたからビックリしちゃった。
ちゃんと仕事してくださーい、東宝のスタッフさん。
スペインの場面、芹香さんとのデュエットがかっこよかったです。
お芝居の紫の上はしっとりと美しく素敵でした(*^_^*)

今日も楽しかった!いい観劇納めでした。
来年の観劇始めは星組さんのディズニーコラボのやつです。
取れたんですよ、電話かけ5時間して(≧ω≦)
確保したプラチナチケット握りしめて来年も観劇したいと思いますわ。




関連記事
category*カリグラフィー

のんびりと宿題

trackback--  comment0
しとしと雨の中、スクールの装飾クラスへ。
ちょっと前に風邪をひき、ゲホゴホで
クラスの邪魔をするという大失態(ToT)
上から吹き下ろしてきた空調の風に反応したみたいで…
飴舐めたら治まってやれやれでした。

本日の授業は前回から引き続き、お衣装です。影つけとハイライト。
まぁ、あんな短時間で終わるはずもなく、宿題となりました。
ゆっくりじっくりチマチマやったほうが
失敗しないので、家でたらたらやろっと。
つっても次回は2月なのよf^_^;
ひと月空くと結構空くね。なんか忘れそう…

とりあえず、少しも早く風邪を治さなければっ!
こんな状態で劇場行っても楽しめない(>_<)
関連記事
category 宝塚

紫のゆかりの人ぞ懐かしき

trackback--  comment0
151208_1236~01
花組さんを観てきました。
ツリーはロビーにでかでかと置かれていたものですよ。
今年は赤が基調でオーソドックスですね。

それと、公演デザート。メロンづくしでちょっとリッチな感じです。
151208_1240~01

とても楽しみしていた新源氏物語。
もう少し早くヅカファンになっていれば前回公演は
生で観られたのにいぃ!と少し悔しい思いをしながら
ビデオを何回も見た公演です。
なので、生で観られるなんて嬉しすぎるっ!と鼻息荒く挑みましたわ。
アチコチ変更があったものの、大満足でした。
ただ、源氏物語のあらすじを押さえておかないと
睡魔が襲い掛かるでしょうね・・・
私のお隣のおばさまは、寝息からの軽いイビキを
かいておられました。フガッって言ってたよ、フガって。
でも、ちょっとオモシロカッタ(^_^.)

ショーはなんだかあっという間に過ぎてしまった。
もう一度落ち着いてゆっくり観たいよ。
私のレーダーに引っかかってきた子が数人いたので、
待ち構えてじっくり追いかけたいですわ。

詳しい観劇記は追記にて。
ネタバレいやーな方は読まないでね。





...Open more

関連記事
category 作品展

スクール展

trackback--  comment0

よくツイッターで見るけど、初めて当たった(^O^)
スタバのちょこっとイラスト。嬉しかったんでパチリ。
ちょっと早く着いたから暇潰しに入ったんだけど、
朝からなんだかホッコリしたわ。

今日はスクールで素敵なイニシャル作りでした。
サマーセミナーであった講座だったんだけど、時間が合わず断念したのよ。
だから楽しみにしてました。色々なテクニックを教えてもらって楽しかった!
ちょうどギルド展の作品を練りはじめてたところだったので、
ヒントを頂けました。なんとなく形になりそうだわ。
肝心の今日の作品が時間切れだったから、先にこちらを仕上げなくては。
最後にみんなの作品を並べてみたんだけど、私のはぐちゃぐちゃしてた…
もう少し引き算したほうがいいのかな。


それからすぐにカリグラフィースクール展を見に京橋のギャラリーへ。
スクールはあちこち移動したけど、
今の場所がギャラリーと一番近くていいわぁ。
ま、私の場合は馴染みの劇場とも近いってことも
重要なポイントなんですが(*^_^*)てへへ。

毎年、流行りの書体みたいのがあるんですが、
今年はまんべんなく色々な書体が書かれてました。
一番上の階に特別講座の集団出展があって迫力ありましたよ。
一人一人のパネルをつなげて一つの作品にしてあった
作品がかっこよかったわぁ(^O^)でも、抜けると穴が空いちゃうから
個人の責任重大だね。だからこそ素敵な作品になるのかな?
作品集を受け取ったので、またじっくり見よっと。




関連記事
category 作品展

彩飾楽譜展示見てきた!

trackback--  comment2
聖徳大学の装飾楽譜展示に行ってきましたよ。
上野から20分程度で着くし、松戸駅から近いしいい立地の大学でした。
松戸駅からはデッキを渡り、ヨーカドーの中を5階まで
上がって行くのがいいですよ。脇に階段がありますが、キツイですf^_^;


こちらの大学、セキュリティが厳しめ。
門のところで名前を書いて名札と用紙をもらい、
目的地で用紙にはんこ押してもらい、
帰りに名札と用紙を守衛さんに渡すという感じです。
今まで行った大学の中では一番厳しかったです。
守衛さんに教えてもらい、図書館の入口をインターホンで
入口を開けてもらって、いざ博物館へ。
でも、その前に中の受付(6階でした)ではんこもらってね。
うすいは博物館の貼り紙に浮かれて直行してしまい、
帰りに寄ったら先に来てと言われてしまいましたf^_^;
皆様は浮かれ過ぎないようにね。

博物館に入るとガラスケースにズラリと楽譜が並んでいます。
数えたら26点。全てヴェラムに書かれたもの。
真ん中のガラスケースにはファクシミリ版が4点。
楽譜って大勢で見て歌うものが多いそうで、
こちらも大きいものが沢山あり、見ごたえがありました。
書体はほとんどがルタンダ体でした。
装飾も華やかなものが沢山ありましたよ。金箔が美しい~(*^_^*)
装飾やってる方は必見。本物の美しさに触れて下さい。
ちょうど今、ルタンダ体やってる方にも見てほしい。
ちょっとぐらい曲がっても皆同じだわって勇気を貰えます(o~-')b

帰りは受付ではんこ&帰りのゲートを開けてもらい、
門で名札を返してから上野まで戻って
東海道線で帰途につきました。
最初、松戸いったことないし、行くのメンドイな…と思ってましたが、
行かなかったら後悔してるとこでしたわ、この展示。
行って損はないです!もうすぐ会期が終わってしまうので、お早めに。
関連記事
New «‡Top‡» Old