category 宝塚

後がない

trackback--  comment0
20091202175310
今日のクラスはクリスマスカードでした。
もみの木が切り込みで開閉できるようになっている
手の込んだ作りで、ついていくのにちょっと必死。
なんとか一枚仕上がって良かったよ~





午後から月組さんを観に行きました。
瀬奈さんのサヨナラ公演です。もう後がありません。
だというのにオペラグラスを忘れたバカな私…
劇場の貸し出しのものを借りましたが、
これがかなり性能のいいもので大変見やすかったですo(^▽^)o
保険料も五千円に値下げになってたし。前は一万円だったよね?
なんか忘れて良かったのかもf^_^;
でも、重かった~

お芝居は大劇場よりテンポがよくなってた。
んーでも、私、正塚先生ってどうも好きになれなくってねぇ~
こうゆう起伏のない芝居が一番嫌いだったりするんですよ、ええ。
衣装地味だし、宝塚観た気にならないんだもん。
おそらく瀬奈さんの公演でなければ見向きもしてません。
だからストーリーを追いかけて観てないので、余り感想がないのです。
そんな中でも、青樹さんがステッキを上手く使いながら
芝居してたのが印象的でした。足、無理しないでね。

ショーは瀬奈さんがほぼ出ずっぱりで
ずっとオペラグラスをあげっぱなし。腕がプルプルしてきた(>_<)
明日は絶対に筋肉痛だな、こりゃ。

黒エンビがやっぱりいいなぁ。あの張り詰めた空気感が好き。
色々お気に入りの黒エンビの場面はあるけど、
今回の場面もお気に入りに仲間入りです。
瀬奈さんのエンビがみんなと同じシンプルなデザインなのもいいわ。
みんな同じものなのに、何か違うモノがある…
それがトップスターなんでしょうね、きっと。
お隣に座ったオバサマはこの場面で泣いてたよ。

写真は劇場ロビーに飾ってあったツリーをパチリ。

関連記事