category 宝塚

ル・ポァゾン

trackback--  comment0

お稽古場風景を見て我慢できずに
観にいってしまいました。
名古屋の中日劇場まで。

ショーのル・ポァゾンは一番最初にハマっていた頃の
懐かしくって大好きなショー(^O^)
観に行って良かったです。
これから千秋楽に向けてチケットなくなるだろうから
迷っているならすぐに行ったほうがいいよ。
私も近けりゃ通うんだけどね~。

懐かしい場面も新しい場面もどれも楽しくってo(^▽^)o
でも、やっぱりオープニングが一番テンション上がったわ。
あとは闘牛士の場面かな。ダンサー柚希さんの見せ場でした。

この公演だけなんて本当にもったいない。
是非とも本公演でお願いしたいよ。
追記にもう少し詳しい感想を書いておきました。
ネタバレしてるから見たい方だけどうぞ。



ル・ポァゾンと一部ナルシス・ノアールが組み合わさって
なんとも濃い~ショーになってました。

オープニングの涼風さんの歌が大好きだったので、
そこからやってくれたのが嬉しくって。
両脇に置いてある大道具の香水の瓶まで一緒だー!
そんなことでもうすでにテンションMAX(笑)

主題歌の歌い継ぎのところはもう顔のニヤニヤが
押さえきれなかったです。
娘役さん達のドレスは初演のものでしたね。
シンプルだけど素敵なデザインでお気に入りでした。
もうあちこちで使い回しされているけど、
このショーで見るのは感動もひとしおですわ。

ここでトップだけですが客席降りがありました。
客席降りがあると2階席は大体の人が前のめりになります。
が、さすが熱いぜ名古屋。おばちゃん数人が立ち上がった!?
えぇぇええぇ?ビックリ。初めて見たわ。
だけど、そのまま1階まで転がっていってしまえ(怒)と
思ったことは内緒にしておいてね。

男役数名が女役で出てくる艶やかな場面(壱城さんが美しすぎる)も
そのままでしたし、その後に繋がる男役さんたちの
カッコイイダンスもそのままでした。
なんだかよく分からないけど、ここまでキザッてリンゴ投げるんかい?
という剣さんの投げ方をちゃんと守ってカッコよくリンゴを投げていた
柚希さんに思わずひっかかりそうになりましたわ。

ひっかかりそうになったと言えば、
ナルシス・ノアールからの闘牛士の場面は凄かったなぁ。
ラストや歌詞、振り付けが少し変わってましたが、
光と影が入れ替わりながら布を振りまわして踊るシーンがカッコよくってねぇ~
ダンスの上手い人は布を振りまわしても
自身が振りまわされないから見ていていいね。

フィナーレで柚希さんが主題歌を歌いながら降りてきたんだけど、
曲のアレンジが若干変わっていたせいもあってか
「わ・・・若っ!元気だな~」と思いました。
最後の最後に今回の再演を象徴している感じがしましたよ。


20年前のショー初演はバッチリ覚えているのに、
5年前に上演されたお芝居は何も覚えていないという
スッカラカンな脳みその持ち主うすい。
なので、当時のプログラムを引っ張り出して
あらすじを確認してから名古屋へ行きました。
でも、観てるとなんとなーく思い出したりしたので、
普通に楽しめました。

船長役の十碧さんがアップアップしてたけど、
綺麗で目立ってました。注目株なのかしら?
歌もまぁまぁでしたし、ダンスが伸びやかで軸がある人でした。
さっそく私の各組ご贔屓リストに記しておきましたよ。
人数が少ない公演だと個人に目が行き届くので
未来のスターを見つけるには絶好のチャンスだわ。

ちなみに今日の柚希さんの仮装パーティーのお衣装は
白い宮廷服風でした。初日映像と同じやつね。
個人的にはラダメス風を見たかった。

思い出の作品を観ることができてホントに良かったです。
プログラムに書かれていましたが、ショー作品の再演は難しいそう。
でも、新作のつまらないショー(大勢が出たり入ったりするだけのとか)を
観るより過去の名作(名作だけだよ!)をリニューアルしてくれたほうが
何倍も嬉しいです。頼みますよ、フロント陣。

さぁ、お次はメイちゃんの執事ですな。
マンガのまんまみたいでこちらも楽しみです。






関連記事