category 制作

わがままヴェラム様とユニちゃんの電話

trackback--  comment0



この白い物体は昨日の装飾の授業で水張りしたヴェラム様です。
2回に分けて行ったのですが、いやはや大変でした。

まず、ヴェラムを張る板や設計図を作成。←前回の授業
今回はいよいよ板にヴェラムを張る作業です。
水張りというぐらいなので、ヴェラムに水を均等に含ませるんですが、
それが上手くいきません。このクラスの人たちが貰ったヴェラムは
皮が厚く、脂が多いみたいでなかなか水分を含んでくれないのです。
大幅に時間をオーバーしてふよふよになり、張り付けることができました。
が、ボコボコになってしまうか、上手くいったかは乾くまで
分からないとのこと。ドキドキしながら一晩乾かしましたら・・・

大丈夫でしたあ~!ちゃんとピーンと張った美しい面になってました。
それがこの写真です。あーほっとした。
これ、仕上げて作品展に出展するそうなので、
失敗したらまた作りなおさねばならなかったとこでした。
これには何を描くのだろう?連作にするのかな?
大物が控えてるんで、とっとと仕上げたい。

今回の授業で神保町時代から(古っ)ずっと一緒に装飾をやってきた
メンバー2人が卒業することになりました。
せっかくだから近所のカフェでランチしよう!と計画していたのに
わがままなヴェラム様のお陰でポシャってしまい、
バタバタとしたご挨拶になってしまって・・・ごめんね~。
もう少し落ち着いたらランチのリベンジしましょーね。



昨日の反省点。
実は、昨日はメタルエンボッシングの振替日でもありました。
ユニちゃんから計画停電を避けて時間割を作ったのでと
4月の初めに連絡がありました。
その時点で行けないのは分かっていたので、お休みしますーすと言っておいたんだけど、
ちゃんと伝わっていなかったみたいで、授業開始前に携帯に着信がっ!
3時過ぎに気が付いて慌てて連絡いれたら、
わざわざすみませんとこっちが謝られてしまったよ。
今思えば、4月の初旬に連絡くれたスタッフさんもアワアワしてたから
しっかり確認の電話入れとけばよかったと今更ながら後悔。
ごめんねぇ~来月は必ず行くから謝っておこう。

あと、気になるのはここより震源に近い先生のお宅だわ。
怪我もされていたのに大丈夫だったんかな?
早くツタ模様のトレーを完成させて使いたいので、
来月は絶対に行きますから宜しくお願いします。





関連記事