category 作品展

ツァップ展へ

trackback--  comment0



本来なら3月に行われる予定だったツァップ展へ昨日行ってきました。
六本木駅から10分ぐらいと書かれてましたが・・・地図や看板を見つつウロウロしていたら
20分もかかってしまった。この蒸し暑い中20分はキツイ。
汗だらだらで化粧が全部落ちたのを感じた。
会期が長いんだから後半に行けば良かったと思ったよ。

あ、会場は涼しくって天国です~♪
手書き作品やシルクスクリーン等の印刷物、フォントが作られていく過程等が
展示されていて、カリグラファーはもとよりグラッフィック関係の方に
見ていただきたい感じです。
海外のカリグラファーって抽象的な表現をする人が多いイメージでしたが、
ツァップさんはある程度まで崩すけど文字で勝負の作風で素敵です。
文字が美しければそれだけでいいんだという典型ですね。
・・・色塗りばっかしてないで文字もがんばりますです、ハイ・・・

見どころばかりで大満足でしたが、物販が乏しくってちょっとガッカリ。
作品のポストカードとかあると思ったのにぃ~ちぇ。
作品集はありましたよー2800円也。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

Zapf展 「ヘルマン・ツァップ&グドルン・ツァップ カリグラフィーの世界」

2011年9月13日(火)~9月25日(日) 休廊日 / なし
11:00~19:00 最終日16:00まで(チケットの販売は終了30分前まで)

ギャラリー ル・ベイン
東京都港区西麻布3-16-28 le bain 1F 東京メトロ六本木駅より徒歩10分
http://www.le-bain.com/gallery/index.html

〈入場料〉 1,000円

普段はタダの作品展が多いですが、今回は入場料がありますよ!ご注意あれ。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

その後、書体講座へ行ってきました。3回目の今回はインシュラーミナスキュールという
細長くウネウネした文字です。最終的に作品プロットを作って作品を作るんだけど、
前回のときはみんな本気モードだった。でも、装飾系の人たちってイニシャルばかりで
文字書いてこないんだよね。せっかく習っているのに意味ないじゃん、そんなの。
私もそうならないようにちゃんと文字とイニシャルの作品を考えねば。う~ん。
関連記事