category 宝塚

花組仕立てル・ポァゾン

trackback--  comment0

相模大野へ花組の全国ツアーを観にいってきました。
写真はル・ポァゾン公演時のパンフレットです。
左から今回の花組、真ん中が2月中日公演の星組、
最後が初演、なんと21年前!の月組公演のパンフレット。
波はあるものの、私ってば20年以上宝塚観てんのか…(^_^;)

お芝居は江戸の人情ものでよかったです。
被災地へのエールを込めて選ばれた作品なんだと強く感じました。
出演者たちはその役割をきっちりと果たしていると思います。
涙する場面が多々あるけど、最後は嬉し泣きなのが良いわ(*^_^*)

そして待ってました!ショーのル・ポァゾン。
基本的に星組と同じでした。マタドールの場面が少し変わった?
ここの蘭寿さんの布さばきが素晴らしいです。
ダンサーが布をひらひらさせると生き物みたいに見えるから不思議ですね。

そうだ!前の花組トップの真飛さんが来てました。
アドリブでいじられまくれ、最後の挨拶で紹介されるというオマケつき。
あ~なんかトクした気分♪


詳しい感想をこっそり追記に書きました。
ネタバレ嫌な方は読まないでくださいね。


ネタバレ嫌いな方は読むの禁止ね。

お芝居は見たことが無かったので、安寿さんバージョンで
観劇したことがある母に聞いてみました。
・なんかあんまし面白くなかった。
・安寿さんがお団子かまんじゅう(本物)を口につっこまれて
 台詞が言えなくなってむせてた。
というどーでもいい感想しか手に入りませんでした。
なので、大体のあらすじを頭の中に入れての観劇となりました。

蘭寿さん、青天似合う~口数は少ないけど
一本芯が通っているいかにも江戸っ子な若棟梁でした。
もう一度始めからやり直すんだと見えを切るところは惚れ惚れしますわ。
ところで、茂二さんって年齢いくつ?
おりつが「お姉ちゃん」で茂二が「おじちゃん」
そこは「お兄ちゃん」じゃないのか?ちょっと気になる。

今回のMVPはあっちゃん役の月野さんでしょう。
幕開けの第一声「あたい あっちゃん」か、可愛い!!
あそこに本物の子供が居るよと思わずのけぞりました。
子供グループのアイドル的存在で本当に可愛かった。

ショー、ル・ポァゾン。今回の目的はコレです。
蘭寿さんがトップになってから初めてのショー作品ですが、
この大人っぽい名作で良かったと思いました。
出来る事なら全員が揃った大劇場公演として観たいです。

幕開け、華形さん、歌上手くなってる(本人比)?
正直期待してなかったから(ゴメン)ビックリした。
前作で鍛えられたのかな?

蘭寿さんが赤い衣装で主題歌歌うところで興奮MAX(笑)
もう顔がニヤニヤしっぱなし。劇場はキャーキャー言えないのがツライわ。
ジゴロのリンゴ投げるところも完璧。
その後のジゴローズ総踊りはザ・花組でした。
この場面、各組で観たいな。組の特色が出て面白いと思う。
闘牛士の場面はラテン物も観たいわ~と
今後の上演演目に夢が膨らみます。哀しみのコルドバとか・・・。

望海さんと瀬戸さんがセットでよく使われてましたね。
特に瀬戸さんは女装の男役さんをリフトして担いで回してと
男性のような力技で拍手をもらってました。

いやぁ本当に観に行って良かったです。
もうすでにショーのDVDが欲しいです。
オープニングリピートしたいよぉ~!

関連記事