category 宝塚

観てきた 

trackback--  comment0


行って来ました!花組公演を観に。
写真は公演デザートです。
タピオカが下に沈んで固まってしまい不味かったけど、
紅茶のムースは美味しかったよ。



こちらはロビーに飾られていた豪華なお雛様。
かなり大きかったけど、広いロビーにあると
小さく感じられる。

ネタバレありの観劇記を追記に書いておきます。
嫌な方は読まないでね。




お芝居は悪ふざけもお下品場面もなく
しっかりまとめられていて良かったです。
石田先生、少し見直しました。

カチューシャの蘭乃さんが体当たりで凄かった。
彼女に頑張ったで賞を。
ネフリュードフの蘭寿さん、償いへまっしぐらに突き進む姿が
カッコイイ。そら皆から好かれるよねぇ。
カチューシャの決断を受け入れた後の彼がどのような道を歩むのか
気になりますが、ラストの幻想シーンで終わるのが
宝塚観てるぜっていう気分に浸れるからいいわぁ。

ショーは中詰めがイマイチ盛り上がらない感じがしますが、
かの名曲「愛はるかに」を使っていたのでまぁ、許す。
昔のショー作品で使っていて、大好きな歌だったので嬉しい。
生で聞けて感激ですっ!壮さんはしっとりと歌ってましたね。

お気に入りはタンゲーラとネグロの場面。
なんていってもダンサー蘭寿とむを存分に生かした振り付けがいい。
そして、盛り上げる衣装や装置も素敵~!
この場面をずっとリピートして観ていたいわ。

花野さんが銀橋ドセンターで一人で踊ったときはビックリしましたが、
あの大きな空間に全く負けてませんでした。サスガ。
エトワールの望海さん、とても素晴らしい歌声でした。
男役のエトワールってあまりないけど、
こうゆう歌ウマさん達は積極的に使って欲しいです。
関連記事