category 参考書

イメージの魔術師

trackback--  comment0
先日、清里へル・カイン原画展に言った話をしたら、
どうゆう画風の作家さんか尋ねられたんだけど・・・
私の拙い説明ではカバーできないので、こちらでご紹介します。



*一番のおすすめの絵本はやっぱりコレ!
西洋の華やかさもあり、落ち着いた雰囲気もあるイラストです。



*カリグラファーにはこちらがお勧めです。
うまい具合にケルト文様を組み込んでいます。
これだけ作品に使いこなせるようになりたい。



*コッテコテな作風な絵もあるけど、さらっと描かれた
かわいらしい絵本もあります。



白と黒のみで構成された絵本も。
シンプル・イズ・ベスト。本当画力がないと描けない。



*東洋風な美しいイラストが目を引く絵本です。
西洋のお姫様とは違った魅力があります。



*ミュージカルお好きな方にはこちらを。
今も劇場で売ってるかな?CATSの原作の詩に
イラストをつけたものです。
グロールタイガーにミストフェリーズ等
ナンバーを持っているおなじみのネコが出てきます。






「イメージの魔術師」というあだ名が彼にはついています。
西洋から東洋まで、美しい画風から可愛いものまで
一人の人間が描いたとは思えないほど多岐にわたるためなのですが、
残念なことに1989年に47歳という若さで亡くなっています。

こちらで挙げた絵本はほんの一部です。
日本では私が行った清里にある絵本ミュージアム清里で常設展示されています。
夏休みなどで清里へ行かれたらゼヒ行って見てね。
ミュージアムショップにはオリジナル商品もありましたよ!

お知らせです。
しばらくブログやHPをいじるので、なんかヘンでも気にしないでね。
他にも消えた記事があるみたいだけど・・・気にしないわっ(T-T)
関連記事