category 宝塚

エメ

trackback--  comment0

月組のロミジュリ観てきました。
と言うことで、写真は公演デザートです。
下のプリン?が美味しかったですよ。

ロミオは明日海さんバージョンでした。
せっかくの龍さんの御披露目公演なんだから、
わざわざ役替わりにしなくてもと思いましたが、
明日海ロミオが素晴らしかったので、まぁよしとします。

全体的に若い印象を受けました。
フィナーレナンバーなんか象徴的ですね。
組長が少数口に入ってバリバリ踊ってるんだもん。
しかも色気ダダ漏れで。はーびっくりした。
みんなポジションが上がって目に付いてくる子が
多くなってきました。た、楽しい~ヽ(*´∀`)ノ
やっぱりヅカは各組にご贔屓がいてナンボの世界だわ。

はぅ(-o-;)まだまだ書き足らん!
観劇直後にコーフン気味で書いたモノは
ちょっと恥ずかしかったので、追記へ移しました。
そして、他の感想もなんか長くなりそうだから
コソッと続きかいときました。
読みたい方は追記を覗きに来てね。
基本的にネタバレなのでそこのとこ宜しく。


来月、松屋銀座でベルばら展するそうですよ。
チラシもらったから行こうかな。
エリザ展は来年の横浜そごうに行くことにしました。
横浜のほうがまだなんぼか近いんでf^_^;





ここからは個別の感想を。
ネタバレなので嫌な方は見ないでね。



明日海ロミオは漫画の中から抜け出たようなロミオでした。
たんぽぽの綿毛をふっと吹く姿が美しいったらありゃしないよ。
教会でジュリエットを迎えるところもイイわ~
満面の笑顔じゃなくって喜びを噛み締めるような笑顔なんだよね。
でも、ただ単にキラキラしてるだけじゃなくって、
苦悩して死へ駆け抜ける疾走感があった。
歌が上手くなっていて安心して観てられます。これからが楽しみです。
とりあえず、次回のベルばらは明日海オスカル様を
観ることに決めましたわっ(*^_^*)

龍ティボルトは近寄りたくない怖さがありました。
敵にもお友達にもなりたくないやf^_^;
雪組版ではなかった歌が復活していたけど、
この歌はあったほうがいいと思う。
ティボルトの人物像がグッと浮き上がって見えました。
やっぱりロミオ役でも観たいなと思ったけど、もうチケットないのね。

愛希ジュリエットは歌上手くなったなぁ~
娘役でいることにもう違和感もないし、可愛い。
一人で行動しようとするときに女子の強さを感じました。
でも・・・この話を読むといつも思うんですが、
ロミオが追放された時に一緒に駆け落ちすれば
すむ話なんじゃないのかって。
あ、話が終わってしまうか・・・

脇を締める大人たちも素晴らしかった。
特に神父さまの最後の絶唱はぐっときました。
そして、越乃キャピレット卿が色っぽいこと!!
一番色気があるのが組長ってどうなの?
もうちょっと若手に奮起をお願いしたい。

星条ベンヴォーリオも素晴らしかった。
元々歌は上手いけどコントロールが上手くいかなない
感じがありましたが、今回はバッチリ!
抑揚の効いた歌声で聴かせてくれました。
この人もトップやってもいいと思うんだけど、
どこがイケナイのかな・・・
経営陣の考えてることってホントよくわかんない。

美弥マーキュシオ、星組からの加入でしたが、
既になじんでおります。明日海ロミオと並ぶと
キラキラ倍増で眩しいですわ。
早くショー作品が見たいです。

この作品、登場人物が少なめでほとんどが
その他大勢になってしまうのがちょっと可哀想なんですが、
そんな中でも目立つ人は目立つ。
モンタギューの宇月さん。いい場所で踊ってるせいもあるけど、
キビキビとした男役のダンスで目が離せなかった。

本日は夏休みということもあり、お子様がわんさかいて
蛍嬢たちがシートクッション持って大活躍してましたよ。
ちょっと難しいかもしれないけど、古典のお話だし、
夏休みの思い出にはちょうどいいかも。
もう一度見たいけどチケなさそうだし・・・(´ε`;)
スカステ放送まで待つかな。

関連記事