category 宝塚

蒼氷色のお披露目

trackback--  comment0



写真はいつもの公演デザートです。
まあるいお月様のような物体はマロンのムースでした。
少し固めでしたが、美味しかったですよ(#^.^#)

というわけで、昨日、宙組さんを観てきました。
銀英伝ですよー結局原作読まずに挑んだけど、
大体の筋は分かりましたよ。
壮大なスケールで圧倒されましたが、
これって原作はまだまだ続いていくんですよね?
先知りたいわ~本屋で立ち読みしてこよっと。

舞台装置が照明やら映像やらを使いまくりで
金かかってるなぁ~というゴージャスな作りでした。
衣装も結構な量が新調だったみたいだしね。
詳しい観劇記は追記に書いときます。
基本ネタバレなんで、読みたい方だけ読んでね。

そうそう、ZUCCA×ZUKAの第四巻も発売されていたので
お買い上げしました。今回はブルーの表紙です。
次の号は紫だね!ちゃんと組カラー&順番になっているのも
律儀だわぁ。

基本ネタバレなんでOKな方だけね。



一番印象に残ったのはユリアンの伶美さん。
今からでも遅くはない、今すぐ男役に転向しろっ!!
いい男役になると思う。惚れ惚れした。
けど、娘役から男役に転向した人っていたっけ?

凰稀さんはひたすら美しく、メイクキラキラ。
お姉さんとキルヒアイスとの場面が良かったです。
他の場面では冷たい美しさが際立つけど、
ここだけは可愛らしい。
花組さんからやってきた相手役の実咲さん。
元々歌える娘役とうい感じでしたが、
凰稀さんの弱点をよく補ってました。
まるで今回の公演の二人の関係ソックリ。
次回公演はドロドロの恋愛ものが見てみたいです。

これまた花組さんからやってきた朝夏さん。
花組にいるときは周りが濃すぎたためか、
そんなに目立っている感じではなかったけど、
ここに来るとやっぱり目立つわ・・・イヨっ!花男!
朝夏さんは捕虜交換式の場面が良かったなぁ~
未来に希望がある感じがして。
そうそう、キルヒアイスが死んでからラインハルトの嘆きの場面が
なかったのはちょっとズッコケました。
普通、あるよね?親友が死んじゃったんだよ。観客の涙さそう場面じゃないか。
それなのにいきなり違う場面に飛んじゃってビックリしたわ。
出かかった涙も引っ込んでしまった。

それと、悠未さんのオーベルシュタインは何故あんなにカッコイイ?
ちょっと難しい役回りでしたが、キッチリ演じてました。
サスガですわ。目玉だすとこなんか凄かった。
そして、雪組からきたヤンの緒月さん。
軍人なのにふわっとした風のような雰囲気で栄光に執着しない不思議な人でした。
ロイエンタールの蓮水さんのメイクが素敵でした。
目の色が黒と青で違うとのことでメイクもちゃんと書き分けてるんです。
2階のテッペンからでも分かりましたよ。

娘役さんが役が少なくってちょっと不憫でしたねぇ。
でもまぁ、楽しかったのでいっか。
関連記事