category 宝塚

注意事項と感想

trackback--  comment2


観てきました。エリザベートガラ・コンサート!!!
一路さんの初演雪組版です。ちなみにあと、
春野さんと紫苑さんバージョンを観る予定です。
こちらも楽しみです。ムフ。

詳しい感想は追記へ書きますが、舞台から離れた方が多い中、
現役時代とほぼ遜色なく、むしろパワーアップして
勤め上げた出演者達に拍手を。

新しい劇場、シアター オーブも楽しみにしてましたが・・・
こちらはなんつーか無駄の多い劇場でした。
これから観劇される方も多いと思うので注意事項を。

●3階席のすべての列についている手すりが
 メチャクチャ邪魔。小柄な方はご注意あれ。
 身長160センチの私でも出演者が前の方に来ると、
 オペラグラスの視界が下のほう、遮られました。
●渋谷駅から近いけど、建物・劇場内がダンジョンみたいで
 ぐるぐるします。時間には余裕を持ってお越し下さい。
 ギリギリはまず遅刻します。
●ロビー内に飲食できるベンチがあまりありません。
 2階ロビーに手すりのような小さなテーブルが
 壁に沿って多くあるので、立って食べられる
 ランチパックのような軽食か、ヒカリエ内の飲食店で
 済ませたほうがいいです。
 ロビー飲食可は2階だけらしいですが・・・
 皆様ガン無視されてました。
●お手洗いは新しい劇場のクセに少ないです。
 ありえない・・・3階は7個室でしたよ、アンタ。
 幕間はダッシュに負けたら諦めたほうが良さそう。
●エレベーターは大変混雑します。特に終演後!
 並んでボケッとしてるぐらいならエスカレーターで
 ヒカリエ内を降りていったほうが早いです。

あ、3階席は旧東京宝塚劇場の3階席みたいです。
結構急な傾斜でコワイ・・・
2階席は四季劇場秋や春の2階席みたい。
最後列でも結構舞台と近い。
1階は・・・見なかったのでわかんないです。ゴメンね。

それにしても、この劇場を設計した人は観劇したことないと思う。
もし、観劇したことあるんだったら相当のおバカさんでしょうね。
3階席の手すりなんてありえない(-_-メ) 
あの手すり破壊してご自慢の吹き抜けに捨てたいですわ。
いいのは景色だけ。でも、それって劇場には必要ないし。
写真はそのムダにいい景色です。

それではネタバレokな方だけ追記へどうぞ。



ネタバレokな方だけ読んでね。




まずは全体的な感想を・・・・・
全キャスト、本気です。このまま本舞台に上がれますよ全員。
お祭り的な浮ついた雰囲気は全くなく、通常公演として成り立ってます。
お衣装も主要キャストは過去に自分が着ていたお衣装を
着用してる感じでした。よく入るよな・・・みんな細い。
一路さんは主に水さんのお衣装を着てました。
まぁ、一路さんの衣装って当時はきらびやかだったけど、
今だったら黒天使並の地味さになってしまうもんね。
鬘も新調してなかなかお似合いでした。まさに死神。

一路さん、正直言ってここまで男役の声が
戻ってくるとは思ってなかったです。
ちょっとビックリしました。相当ボイトレに励んだんでは?
最後のダンスなんて迫力凄かったわ。
香寿さんとの闇が広がるも絶品でした。
私は東京組だったので、このコンビを生で観ることができたのも嬉しかった。
それと初演時にはなかった私が踊るときが聞けたのも
テンション上がったわ~。
観てると当時の感覚が蘇ってくるんですが、でも目の前のトート閣下は
確実に深みを増した演技と歌声で迫ってくるんですよ。
なんだか不思議な体験でした。
DVD、買います。ええ、スカステ放送なんて待ってらんないです。

花總さんも歌と演技が確実に上手くなってる・・・
私だけにの後はあちこちで鼻をすする音が聞こえました。
やっぱりこの役は20代の小娘では歯が立たないんだと
再認識しました。色々経験を重ねてきた3.40代でやっと
見えてくるものがあるんだと。
彼女もまぁ波乱万丈で色々ありましたからねぇ。
帝劇で男優さん相手にシシィやっても遜色ないと思います。
小池先生、考えてみてくださいな。

高嶺さん、相変わらずお美しい~
歌声も現役時代と全く変わってないじゃない。
若い頃がとても可愛い。シシィを見つめる眼差しが
とても優しくって愛おしそう。
だけど、晩年の夜のボートは見事なすれ違いっぷりにグッとくるし。

唯一の現役、轟さんも変わらないねぇ。
最初の出から観客をグッとつかんで離さない。
香寿さんのルドルフ、ナイーブな感じが良く出ててた。
闇が広がるの振りはちょっとやってくれたんで嬉しかったな。
そして、朱さんのゾフィー!!懐かしい~あの眉毛。
この方も全くブランク感じなかったよ。
凄いわ・・・むしろパワーアップしてないかい?

そして、アンサンブルとして色んな役を演じている他の出演者さんたち。
歌ウマ集めただけあって、少ない人数なのに、本公演より迫力ある歌声でしたぞ。
ミルクや革命運動のとこなんか凄い迫力だった。
最初からこんなに飛ばして大丈夫かな?
体調には気を付けて梅芸の千秋楽まで完走してくださいね。

ああ、コーフンして眠れないから観劇記かいちゃおうと思って書いてたけど、
さすがに眠くなってきたわ。今、夜中の2時20分ぐらいね。
それでは来週の春野トート閣下&大鳥シシィの花組コンビを楽しみに
おやすみなさい・・・むにゃ。
関連記事
 
そうそうそう!!!
うすいさんの一言一言。
そうそう。うんうん。
うすいさんの言葉にうなづきました。
深みが増した迫力のトート。ご自慢の長い髪をすっぽり隠して美しいフランツ。この役をやるために生まれてきたようなルキーニ。年齢を重ねてより素敵ななったシシィ。前髪が懐かしいルドルフ。眉の効果がなくても貫禄あるゾフィー・・・・
あ~、DVDが待ち遠しい!
初演雪組最高!
Re: そうそうそう!!!
ウッチーさんへ
もう東京では初演組は終わってしまいましたね~早すぎる。
私はあと2回違う配役で観ますが、やっぱり初演は別物だなぁと。
大阪へ行きたいけどチケットはもうないですよね~
ホント、DVDが待ち遠しいです。