category 宝塚

通行止めを乗り越えて

trackback--  comment0


ベルばら観てきた。月組さんです。
行きは東京マラソンで晴海通りがすでに
通行止めでしたが、帰りは大丈夫でした。
行きのとき、車椅子の選手が通っていくのを見ましたが、
メチャクチャ速かった(*_*)写真なんて撮れないわ。
なので、写真は公演デザート。なかなか美味でした。
アンドレがつくる毒入り酒をモチーフにしてますが、
アルコールも毒も入ってない模様でしたf^_^;


それとロビーのお雛様。立派ですなぁ。

公演はベルばら通常公演って感じです。
やっぱりあの音楽とミラーボールは永遠だわっ。
ラストの馬車、スゲー。光ってるし!
クレーン部分が目立たないので、ペガ子よりマシだけど…
笑いのツボまっしぐらだった。

詳しい感想はこそっと追記に書いときました。
ネタバレ嫌な方は読まないでね。

今回は龍オスカル様でしたが、次回は明日海オスカル様です。
そちらも楽しみだぁ(*^_^*)



新人の演出の先生がだいぶ頑張って脚本の切り張りしたんだなぁ
と思いました。極力説明ゼリフは押さえて、
今までのベルばらの曲をひっぱりだして色々な人に歌わせ、
最後は御大の植田先生に花を持たせて馬車を飛ばす(苦笑)
ベルばら名場面集みたいなポイントはしっかり抑えてあるし、
結構楽しかった。オスカル編って地味な印象があったけど、
今回は適度にわっかのドレスが現れて満足です(#^.^#)

今回は龍オスカル様&明日海アンドレのキャスティングでした。
これ、役替わり大変ね~ほぼ同じぐらいの出番だし。
同じ場面に出てること多いし。
前回のロミジュリの役替わりのほうが全く違う役柄だったから
やりやすそうだったね。

そんな龍オスカル様、なんか早口。
台詞の喋り始めと終わりはそうでもないのに、
中頃にかかると早口言葉のごとく早くなる。
けどちゃんと聞こえる。スゴっ。
ちょっと忙しそうなオスカル様でした。

最近のオスカル様はその傾向が強いんですが、
割と女っぽく創ってる感じがします。
衣装やメイク等、外見が女の子っぽく作られているから、
そこまでしなくてもなぁ・・大丈夫だよ。

明日海アンドレは鷹揚に構えているけど、
中身は不安だらけな中学生男子って感じでした。(褒めてます)
オスカル様から愛の怯えを歌い継ぐとこが良かったです。
この曲ってフェルゼンや王妃様の印象が強かったので、
意外でした。最後まで聞きたかったなー。
あと、1幕の終わりで歌う歌、あれも昔のベルばらで
ナントカ公爵(忘れた)とかが歌ってた歌よね?
迫力あったわ~。

本当は明日海オスカル様だけでいいかなーと思ってたんだけど、
チラシ裏の今宵一夜の明日海アンドレ見たら、
もうね、行くしかないだろ。ってことでこの回のチケ取りました。
観に来て良かったです。今宵一夜であんなに切ない表情する
アンドレは初めてです。

フィナーレナンバーの明日海さん、振り向いてコッチ見たら
オールバックの瀬奈さんがそこにっΣ(゚д゚;)
あービックリした。ホント激似だった・・・
花組でどうゆう男役さんになるか楽しみです。
少しも早く花組にカモン!

愛希ロザリーは出番が少なくってちょっと可哀想ね。
まぁ、オープニングでとってもカワイイドレス着てるからいいかな?
このコンビでもっとガッツリ組んだ芝居が見たいです。
そんでミーマイみたいなハッピーエンドのカワイイやつ。
本公演で頼むよ~

フェルゼンが唐突に出てきて、詰って去っていくのが
ちょっと、ねぇ・・・よく分からなかった。
紫門さんがとても綺麗なのにもったいない。
あと、星条アランがカッコイイ~原作のイメージにぴったりだった。
このアランだったらディアンヌのエピソードも観たかった。

気になったのは脚本で女性をバカにすることが多いこと。
まぁ、大体はオスカル様をなじる台詞だから仕方がないのだけれど、
なんだか多すぎやしませんか?そして、そううゆ言葉を受けるときの
オスカル様がナヨってるのもなんかイヤー(-_-メ) 
今時職場でこんなコト一言でも言ったら女子全員から
ボコボコにされて速攻クビですよ。
変化する時代に合わせてそうゆうところは変えていってもいいと思います。
原作でもそんなにバカにされてないよね?
あれ?どうだったけ?読み返さなきゃ。

関連記事