category 宝塚

こうゆうの好き

trackback--  comment0
150523_1008~01

写真はなんか知らんがちょびっと高くなった公演デザートだよ!
オレンジゼリーと下はヨーグルトのムース(固め)で
とても爽やかなデザートでした。

というわけで久しぶりに東京宝塚劇場へ足を踏み入れました。
ええ、結局前回の星組さんは観られんかったんですよ・・・
なので2か月ぶりぐらいかな。
久し振りのナマ舞台はやっぱり良いね。楽しかった。
色々と溜まったモノを全部おろして身軽になって帰ってきたわ。

こうゆう古典的な宝塚のお芝居、好き(*^_^*)
ショーはテンポが速くってあっという間だった。
一部、キャストにもにょるところがあるものの、
全体としてはとても楽しい公演でした。
また来月も行くんだ♪楽しみだわ~

詳しい観劇記は追記に書いときます。
ネタバレありなので嫌な方は読まないでね。





ネタバレありの観劇記なので、嫌な方は読まないでね~



お芝居はなんとなく、さいとうちほの「円舞曲は白いドレスで」
(少女マンガです)を思い出しました。
三角関係に革命が絡んでくるところがよくある話なんでしょうが、
それがとても心地いいんです。
こうゆうのを宝塚で観たかったんだよぉ!という
私の心の叫びに答えて下さって大石先生、ありがとうございます<(_ _)>

明日海さんは華やかですな。幕開け、ピンスポがあたると
バックに白バラが咲きますわ~つかみは完璧(#^.^#)
恋に戸惑う姿も可愛いのですが、
革命の場面のキリリとした姿も素敵でした。
少し距離がある分、冷静な目で見てるんですね。

芹香さんはいつの間にこんな色が濃い男役が
出来るようになったんだろうと正直驚きました。
つい最近までは内向的な男の子やってたのに・・・!
彼ならばきっと立派な初代大統領になるでしょう。
完璧に3弁手になった柚香さん、出てくるたびに笑いを誘う役で
インパクトあったわ。革命の場面のダンスがカッコ良かったです。
あとは歌、早急になんとかして。
裏・トップ娘役だよね?の美穂さん。
ドラマティックな歌声で素晴らしかった(^o^)

ショーはテンポよく現代的な場面を含めて進んでいくんだけど、
最後の大階段が結構時間があって、
長く楽しめたのでなんだかラッキー♪
生徒は上ったり降りたりで大変そうでしたけど、
そのぶん素敵な場面になってました。

特に娘役さんがピンクのドレスをヒラヒラさせながら
降りてくるところはまさに桜が舞い散る感じで本当に美しいです。
ここは2階席から俯瞰でみたほうが絶対に綺麗。
途中、男役が三角形で降りてくるし、
早い振りの中に花組ポーズが入っていたりと盛りだくさんでした。
そうそう!ダンサー水美さんと柚香さんが二人でぐるんぐるん
踊ってるところはなんか凄かった。あそこだけ宝塚の範疇越えてた。
四季のS&Dのパガニーニのヴァリエーションズを思い出したよ・・・。
久し振りにエエモン観たわ~(*^_^*)

あとは紫のスーツで踊る場面が好きだなぁ。ザ・花男って感じでした。
朝顔の絵が描かれた背景もカッコよかったよ。
カリグラフィーの背景にも使えそうだ。
中詰では太鼓&側転が凄かった。特に側転!
でんぐり返しすらまともにできない運動音痴からしたら
うらやましい限りです。
手首痛めないように千秋楽まで回り続けろっ(^o^)





最後にちょっと言わせて。
花乃さんは・・・正直なぜこの子?
トップ娘役が実力なしのルックスだけっていうのにはよくあるけど、
ゴツすぎてルックスもナシっていのうはどうなの?
第一、明日海さんに全く似合ってない・・・(-_-メ)
イジメ96期で根強い抵抗がある。人気のある明日海さんにくっつければ、
まあ、興行面は大丈夫だろうっていう算段なんでしょうか。
明日海さん気の毒すぎる・・・。そしてもっと気の毒なのは
そんなのに金払ってる私ら観客です(-"-)
ゴツさはもうどうにもならないなら、実力なんとかして。
もう、ヤダっ(>_<)






関連記事