category 宝塚

すごツヨ@再演

trackback--  comment0
150804_1237~01

いつもの公演デザート。マンゴーづくしのデザートで美味しかったです。
ということで、昨日、阪急貸切で宙組さん観てきた。

再演の王家に捧ぐ歌ですね。私、この作品好きでして、
安蘭さんの女優デビュー作も観に行ったわ~。
なので、楽しみにしてきました。

いやぁ、楽しかったですよ!!実は数日前に観た東宝エリザを
まだ引きずっていて、ウィーンからエジプトに
意識を持っていけなかったんですが、
始まった途端、もうすっかりここはエジプトでしたわ。
そして、フィナーレのデュエットダンスで白いお衣装で
スポットライトが当たる朝夏さんを観た瞬間、
トップになったんだわ!!おめでとう\(^o^)/って思ってなんかジーンときた。
そう、そう!東京プログラムの表紙もめっちゃカッコイイ!
キャトルで見たとき、思わず「うぉ!」って声が出ちゃったよ。
詳しい観劇記は追記へどうぞー

150804_1127~01

もう一枚の写真は日比谷シャンテの入り口に飾られていた
東宝シシィのドレスです。
この前見たときは2階に飾られてたけど、
満を持して1階の一番目立つ場所に陣とられておりました。
やっぱりこのドレスは何度見ても素敵です~♪

帰りは京浜東北線のトラブルに巻き込まれずに
帰宅できました。ギリギリセーフでしたよ・・・。ふぅ。









詳しい観劇記です。ネタバレありなので、嫌な方は読まないでね。



全体的には初演時と大して変わっていない感じでした。
安蘭さん主演でやった外部公演のほうが変更多かったです。
変更された箇所がことごとく私の好きな場面だったからちょっと凹んだんだよ。
なので、ちょっとホッとしたし、嬉しかった。
やはりスゴツヨはスゴツヨでなくてはならない。

トップコンビが正しく恋愛を繰り広げてるので、「愛」をテーマにという
ことはストレートにガツンと響いてきました。
そして、2人が歌えるのでストレスフリー(*^_^*)歌えるって素晴らしい。
コーラスもギュッと纏まっていて、流石の宙組です。

エジプトのお衣装が嫌味な位ギラギラ度を増していました。
ま、眩しい・・・そんな中、ラダメスが戦場の場面で着ているお衣装が
初演時のお気に入りのお衣装だったので、嬉しかった。
何故か肩についてるジャラジャラとした飾りに
触りたくって仕方がなかったのよ。なんでだろう?

朝夏ラダメスはひたすらまっすぐでカッコイイ。
そりゃ、みんな惚れるわな。地下牢の場面でアイーダを探し当て、
ぐいっと引き寄せるところがあるんですが、キュンときたわ。
初演時はアイーダが男役ということもあってか、
引き合うという感じだった。これはこれでキュンとするんですが、
今回は王道だなぁ~と感じました。

実咲アイーダは娘役がやるアイーダでした。
男役だった安蘭さんに比べれば迫力はないけど、
歌はキッチリ歌えてるし、何より朝夏ラダメスと合う。
いいコンビになりそうで楽しみです。

アムネリスが歌、不安定ですが、初演時に比べれば全く問題ないです。
姿勢が美しいって豪華なお衣装を着こなすためには
最低限必要な物なのねと改めて思いました。
上から目線の王女様ソングが良かったです。
あと、女官たちのアイーダいじめが過酷になっていてビビった。

星組からこんにちわの真風さん、あんまし出番がなくって寂しいかも。
もう少し出番を増やすかと思ってましたが、
組替え直後で時間もない中、これくらいにしといたほうが良かったのかな。
実はアムネリスやるんじゃないかとビクビクしてたんですが、
ウバルドに落ち着いてホッとしました。

凱旋の振付が大幅に変わっていてカッコよくなってた!
しかも始まりがお気にいりの愛月さんのソロだった。
パレードでもソロ一人降りだし、ガッツリ3番手の位置を
キープした模様。早くショー作品が観たいです(*^_^*)
戦場での♪友よ~という歌がとても良かった。
初演でも好きな場面でしたが、勢いがあってカッコイイ。

で、この作品、何が一番好きかっていうとですね、
ストレートに吼えすぎている歌詞を優しく、ドラマティックにする音楽!
ホント、甲斐先生の音楽って良いよねぇ。
銅鑼の歌なんかはザ・ミュージカルだし、
月満ちるころの甘いラブソングも素敵。
エリザベートの時は「こんな作品が宝塚でも上演できるんだ!」
と思いましたが、この作品を観たときは
「こんな作品を宝塚でも制作できるんだ!」と思いました。
また一本もの超大作を書いてほしいです。
宜しくお願いします。






関連記事