category 宝塚

紫のゆかりの人ぞ懐かしき

trackback--  comment0
151208_1236~01
花組さんを観てきました。
ツリーはロビーにでかでかと置かれていたものですよ。
今年は赤が基調でオーソドックスですね。

それと、公演デザート。メロンづくしでちょっとリッチな感じです。
151208_1240~01

とても楽しみしていた新源氏物語。
もう少し早くヅカファンになっていれば前回公演は
生で観られたのにいぃ!と少し悔しい思いをしながら
ビデオを何回も見た公演です。
なので、生で観られるなんて嬉しすぎるっ!と鼻息荒く挑みましたわ。
アチコチ変更があったものの、大満足でした。
ただ、源氏物語のあらすじを押さえておかないと
睡魔が襲い掛かるでしょうね・・・
私のお隣のおばさまは、寝息からの軽いイビキを
かいておられました。フガッって言ってたよ、フガって。
でも、ちょっとオモシロカッタ(^_^.)

ショーはなんだかあっという間に過ぎてしまった。
もう一度落ち着いてゆっくり観たいよ。
私のレーダーに引っかかってきた子が数人いたので、
待ち構えてじっくり追いかけたいですわ。

詳しい観劇記は追記にて。
ネタバレいやーな方は読まないでね。







詳しい観劇記です。ネタバレありなので、
嫌な方は読まないでね。よろしく。


お芝居は各場面、少しずつ時間を削ってスピーディーにして、
一部、曲を変えてましたね。
でも、その変わった曲が全部ビミョー。特に若紫から紫の上へ変わるところの曲と、
車争いの怨霊場面の曲。前の曲の方が良かったなぁ・・・。
衣装は26年前に比べるとかなりゴージャスになっていたので
大満足でした。が、舞台装置はもう少し派手にするかと思っていたので
ちょっと肩すかしでした。夢の浮橋にあった紅葉のセットを期待したんだけど、
予算が足りなかったのかしら(^_^;)幕開けのリアルお雛様は流石でしたが。
どよめきましたよ、客席。ホント、こんなの宝塚でしかできない。

源氏の君さまの明日海さんはホントに匂うような貴公子でしたわ。
最初の頃のほうが似合うかな、やっぱり。
たくさんの女君を相手にするけど、その誰よりも美しい!
って娘役泣かせだけど、光源氏としては正解だわね(^_^;)
六条御息所はやっぱり女役が演じたほうが良いと思うの。
頑張ってたけど、柏木のほうがイキイキしてたぞ。
頭の中将は源氏よりも少し大人の余裕を感じさせる雰囲気で
素敵でしたわ。お友達の公達たちも意外と出番が多くって
ご贔屓の水美さんを沢山拝ませていただきました(*^_^*)

ショーはダーッと出てきてひと踊りしてガッーと去っていくという
タイプのショーでもう、あの人、この人、探すのに必死。
もう、めっちゃ疲れたー。でも、めっちゃ充実したひと時でした。

もう怪我からはもう完全復帰ですね、花野さん。
ただ一人、男役に交じって踊っていても全く気おくれなし!
カッコよかった~。茶色いアール・デコ調ドレスのときの
アクセサリーもしゃれたの付けてたし、センスもいい。
ただゴテゴテしてりゃいいってもんじゃないのよね、ハイ。
水美さんがひと場面もらってたのが嬉しかった!!
ライト当たるとぱっと華やかでいいわぁ~(*^_^*)
端席でもしっかり歌声聞こえたし、風邪ひかないように頑張って欲しい。

えー、私のレーダーに引っかかってきたのは
スーツの場面とラインダンスでクルクルと凄かった帆純さん。
新公で抜擢されてますが、やっぱり理由があるんだなぁと納得したわ。
ちょっと瀬奈さんに似た容姿もいい。(結局ソコかい)
立派な花男目指してガンバレ。
それともう一人、亜連さんです。
背も高く、ハーフで綺麗だから目立つ、目立つ。
そんな綺麗な顔をくちゃくちゃにして
眉間にしわ寄せながら踊っているのがとてもイイ!
いいぞっもっとヤレ!と応援したくなる。
次回公演、ミーマイですが、新公はこの人たち辺りが
ドーンと来るかも?長の期は使えないしねぇ。
むふふー楽しみが増えた(*^_^*)
関連記事