category ミュージカル

すべて上手くいく

trackback--  comment0







北翔さんの退団発表に打ちのめされながらも、
帝劇へ1789を観に行ってきました。
その前にシャンテでランチとお買い物して
1789のチケットホルダーゲット(^O^)
どうせ色々買うからすぐにスタンプ集まるのよ。オホホホ。

写真は今日のキャストと劇場内のたれ幕です。
今日のロナンは手前の加藤さんでした。

宝塚の公演観ましたが、あちこち変わっていて
違う公演を観ているようでした。
特に宝塚での公演では使わなかった楽曲が多い。
逆に宝塚で使って使われなかったのもあった。
一幕最後の曲は使って欲しかったなぁ。
革命の鼓動が感じられて好きな曲だったので。

男性が加わると少人数でも厚みと迫力が出て面白かったです。
でも、思ったよりアクロバットな感じじゃなかったな。
サーカスじみたことやられるとヒヤヒヤするから、
これくらいがちょうどいいか。


詳しい観劇記は追記で。
ダブルキャストでしたが、観てないキャストでも
観てみたかったなと思いました。チケットないけどね…



こちらからはネタバレありの観劇記になるので、
嫌な方は読まないでね。




最初に宝塚版を観たので、どうしても比較しながら観ちゃうんですが、
それでもとても楽しかったです。
役者さんがそれぞれの役にバチっとハマっているのが
とても気持ちがいい。
この前のジキハイほどではないけど、ストレスなく観れたわ。

女性陣の宮廷ドレスがどれも素敵でした。
特にアントワネットの三部会のゴージャスドレスと
ポリニャック伯夫人の1幕のドレスがいいわぁ~。
オランプのドレスはそれらに比べるとシンプルなんだけど、
色々と飾りがついていて手の込んだドレスばかりでした。
あと、番外で坂元さんのてんとう虫のお衣装!!
彼は人外から逃れられない運命らしい。

皆さんの個性と押し出しが強いせいか、
群像劇って感じが強かったです。
特に革命家の3人がそれぞれの持ち味を活かしていて良かった。
古川ロベスピエールと広瀬デムーランの並びが美しくってねぇ・・・。
それに加藤ロナンが加わる印刷所の場面は
なんだかとっても楽しかった。
ちょっと歌が弱いところは上原ダントンがビシッと締めて下さいます。
いいコンビネーションです。
この物語には出てこないけど、古川さんは
サン・ジェストでもいけるよねっ。
岡ペイロールが古川ロベスピエールを踏みつける場面で
2階席の双眼鏡がガッ!!と上がったのには納得。
ま、私も上げましたけども^^;

ロナンは加藤さんでした。初めましてなんですが、
歌、結構上手いんですね。私の合格点は楽々超えてました。
彼以外にも初めてまともにソロ聞いた俳優さんが多かったのですが、
皆様、楽々私の合格点超え。お気に入りのスタイル良しイケメン俳優が
一気に増えてホクホクでっす(*´∀`*)
常に何かに飢えている野良犬のような感じが
ロナンにとても合っていたと思います。
それがオランプに合うと少し和らいでいく様がまた胸キュン。

そのオランプは夢咲さんでした。
ドレスの着こなし等はお手の物ですよねー。優雅だわ。
もう無理して高い声を出さなくていいからか、
宝塚の頃より歌が安定していて、聞き取りやすかった。
オランプのソロ曲、良かったです。

2階客席の双眼鏡がガッと上がる場面がもう一つあります。
アントワネットの登場シーンです。
いやぁ、凄いですね。周りの花びらもふんわりしていて可愛いし、
何より花總アントワネットのキャピキャピ度が振り切れてる。
なんか凄いモノを観たよ・・・うん。
ルイ・ジョセフが死んでから落ち着いてきて、
女王様になっていくんですが、その落差がすごいあった。

相手役のフェルゼン広瀬さんも素敵でした。
男性特有のドタバタどっすん感がなく、スマートな身のこなし。
これじゃ、アントワネットも惚れるよねっ。
二人のデュエットがとても良かったです。

ソニンソレーヌの力強い歌声に
岡ペイロールの鞭さばきと踏みつけと非情さ。
坂元ラマールのコメディセンスっぷりと吉野アルトワの妖しさ。
見所満載で結構忙しかった。
二階客席は双眼鏡下ろしてるヒマがないです。
今回観なかったもう一つのWキャスト陣でも
観たかったなぁ・・・もうチケットないよね。

関連記事