category ツール&グッズ?

改良版だよ傾斜台

trackback--  comment0
さて、お待たせしていた
自作傾斜台改良型ですよ。
詳しい材料を知りたいとのお声を頂いたので、
参考に書いておきますね。
ご自分の環境と違うとう思うので、
ソコんトコは創意工夫して下さい。

今回は完璧に三角にしたので、
上部のぐらつきがなくなりました。
それと、なんでだかよく分かんないけど、
ヒトマスずらすと5度ずつ傾斜がずれていくため、
大変使い勝手が良いです。
目玉クリップで支えてるワイヤーと下のワイヤーをとめ、
簡単に取り外しできるようにしました。
板はダブルクリップでガッチリとめました。
なので、滑り止めマットは
ここでは使用してません。
机と傾斜台の間にのみ使用してます。

++使用材料++
*ワイヤーネット 11×7マス 2枚(ダイソー)
*ワイヤーラティスワイド 11×14マス 1枚 (セリア)
*結束バンド 1袋(セリア)
*ダブルクリップ挟口25mm 1袋(ダイソー)
*目玉クリップ2.3mm幅 1袋(ダイソー)
*滑り止めマット45×80(ダイソー)
*板 縦30cm×横45cm×幅4mm(ホームセンターか画材屋)

板以外は100均で揃います。
ダイソーとセリアが入り乱れているのは、
これを制作途中に駅ビルにセリアがオープンして
私がフィーバーしたからですf(^_^;
あ、でも、11×14マスのワイヤーネットは
ダイソーにはなかったな。大型店にはあるかも。
細かいとこはご自身の環境に合わせ調節してください。
板は300~600円ぐらいと幅があったかな。
大体1000円前後で出来ます。
あと、工具としてよく切れるニッパーとイボイボ軍手が欲しいです。

1500615303205.jpg
まず、机にひく大きなワイヤーネット、
11×14マスのワイヤーネットを
11×12マスにすべくニッパーで2列切ります。
ロッカーの幅に合わせて切りますので、
収納場所に制限がない方はこのワイヤーネットは
切らなくても大丈夫です。

ニッパーで切るときはイボイボ軍手をしてたほうが安全です。
中の細いワイヤーは簡単に切れますが、
端はなかなか硬いんです。
なので、机の角を使って何回か反対方向に
折り曲げながら金属疲労で切って下さい。

1500615331541.jpg
次に11×7マスのワイヤーネット1枚だけを
11×6列にするので1列切ります。
これは切らないと角度が上手くいかないので
絶対に切って下さい。
そして、切らなかったもう一枚と結束バンドで繋げます。
11×6マスに切ったほうが角度調節する
支えのワイヤーとなります。

1500615351222.jpg
切らなかった11×7マスのワイヤーネットと
11×12マスに切った下の部分にあたる
ワイヤーネットを結束バンドで繋げます。

1500615379653.jpg
11×7マスのワイヤーネットの
下から二番目のワイヤーに
ダブルクリップを付け、板を挟みこみます。

1500615364856.jpg
下のワイヤーネットと11×6マスのワイヤーネットの
一番下のワイヤーを目玉クリップでとめます。
切った場合は下のワイヤーネットの
端から4番目のワイヤーにとめると、
ちょうど40度になります。
画像は40度でとめてあります。
3番目は35度、2番目は30度、
1番端は25度になります。
ということは5番目は45度、
6番目50度ということに。
大体40度~30度ぐらいがあればいいので、
これでいいかな。

机と傾斜台の間に滑り止めマットを敷いて
出来上がりです!
滑り止めマットはケチケチせずに
下のワイヤーネットが全てカバー出来る
ぐらいの広さを使いましょう。
ケチって少しだけだと段差が出来て
かえってガタガタします。

ニッパーで切る作業が嫌な方は
旦那様をおだててやって貰いましょう。
そんな方が居ない方は…自力で頑張って!

カリグラフィーやるんだったら
傾斜台はご自分の体のためにも必要だと思うので、
是非参考にどうぞ~。
関連記事