category 宝塚

君に幸せあれ

trackback--  comment0
082210.jpg

火曜日にまた花組さん観てきました。
今度は忘れずに食べましたよ、公演デザート!
爽やかで夏らしいゼリーでした。

ショーは2階席でもグラス持っている方が増えて、
なんかよく分からんが盛り上がってました。
でもさー、1階はいいーよねぇ・・・2階にも
お客が居ることを演出家には忘れないで欲しいわ。

追記に詳しい感想を。
ネタバレイヤンな方は読まないでね。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

*カルチャープラザ平塚店 (ららぽーと湘南平塚3階)
 カリグラフィーの講座を担当しております。
  毎月 第二・四 金曜日 14:15~16:15
   書体途中からでもOK!生徒募集中です


*第22回相模大野アートクラフト秋の市2017
日時:2017年11月5日(日)11:00〜16:00
     予備日なし(雨天の場合中止)
場所:小田急相模大野駅から伊勢丹、ボーノ辺りの駅周辺
    くまぺんはボーノ2階会場におります

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

ここからはネタバレダメな方はサヨウナラ~



お芝居はちょこちょこ変更が加えられたそうで、
物語の体裁はちゃんと保ってました。
そこそこ歌も多く、歌手の人たちの出番が
あって楽しかったです。
キセキの歌は歌詞がもう少しアホっぽくキムシンみたいに
突き抜けてくれたらもっと楽しかったかなぁ。
日食の場面はとてもキレイでした。
丁度、朝にアメリカの日食のニュース見たばかりだったから
なんかタイムリーだなと思いながら観ちゃった。

明日海さんのタケヒコはザ・ヒーローな感じがピッタリでした。
クコチヒコとの掛け合いの歌がヨカッタです。
トップと二番手がしっかり歌えるって素晴らしい(*^^*)
勾玉の首飾りも素敵なんだけど、
玉虫色に光る耳飾りがチラチラ見えるのが素敵でした。
普段のギラギラ系より色ッぽく見える。
その二番手の芹香さん、花組離れちゃうのモッタイナイ。
ザ・黒い役でこちらもカッコイイ・・・
二番手時代に回ってくるオイシイ役どころを
しっかり捕まえて自分のモノにしてました。
マナの仙名さん、歌える娘役っていいわぁ(*´∀`*)
そして、しっかり芝居ができるのがいい。
揺れ動く乙女心がいじらしい。

フルドリの柚香さんはあんましインパクトなかったなぁ。
歌は一曲あったけど・・・なんか大分コツを掴んだみたいで
歌が上手くなってた!(本人比)
大和・麻路2大音痴トップスターの領域は抜けたと思うので、
あともうひと越えして欲しいと思います。
インパクトはツブラメの水美さんのほうがありました。
ボディーランゲージの会話が面白い(*^^*)
そして、棒ダンス!
棒を落としたら悲劇なので、皆の集中度が凄い。
そんな真ん中に居るのだもの。気迫がビシビシ伝わってくる。
ただの筋肉マンじゃなくって物語を踊れる人なのね。
ラストの台詞も泣ける。タケヒコがツブラメの声を初めて聞くのが
死んだ後なんて、泣ける。

ショーは楽しい!楽しすぎる!あっという間に終わってしまう。
終演後、5分ぐらいしか立ってないような感じに陥る。

何と言っても「乾杯」の黒燕尾の再演が嬉しい。
全国ツアーとかで再演されてきたけど、
15年ぶりの大階段での黒燕尾はまた違うよね。
あの時出てた人が殆どいないということにビックリしたけど、
明日海さんはじめ花組の男役みんなが
丁寧に緊張感を持ってキチンと踊る姿に
花組の男役であることの誇りを感じた。
でも、やっぱり当時のことを思い出して涙しちゃう。
匠さんや他の生徒さん、裏方さんたちも大変だっただろうけど、
ファンもオロオロして大変だったんだよぉ(T_T)
匠さんもムラのほうで観られたとか。
体調上向いてきているみたいでちょっとホッとしました(*^^*)

で、一番のお気に入りはやっぱり
水美さんと瀬戸さんのダンス・ナンバーですよ。
スッゴイね、アレ。振付もうひゃぁ~って感じだけど、
水美さんの筋肉スゲェ(+o+)
個人的にはジーザス・ディアマンテの
コーイ・ヌールの場面を観たときと
同じぐらいの衝撃度でした。
幕前の小さなナンバーだけど、侮れん。
あとは安寿さん振付のスーツの場面!
水美さんにソロがあって嬉しかった(*´∀`*)でへ。
ヤンさん、ありがとうっ。一列に並ぶの大好き。

そして、中詰のラテンナンバーのとこ、
明日海さんと仙名さんのダンス場面が素敵でした。
男役が女役を振り回すのが面白かった。
ちゃんと歌詞にあった振付になってんのね。
この二人の最後のデュエットダンスは
初々しくって良かったです。
仙名さんのドレス、飾りが沢山付いていて踊りにくいだろうに
サラッとスカート翻すんだもん。流石よね。

そうだ!珍しい娘役だけのエイトシャルマン、カッコイイ!!
花組は男役だけじゃなく、娘役もカッコイイ。
最後に専科さんの場面もしっとりとしていて素敵でした。
最初は原語で、ラストは意味がわかる
日本語でってとこがニクい演出。
愛の賛歌という歌はソコソコ人生経験積んだ方が
歌われるのが良いんだろうと思いましたわ。

次は一幕物だからショーがないのが寂しい・・・
もっとショーが観たいよぉ~
でも、次回公演、チケット取れるんかいな。





関連記事